2017年10月18日水曜日

(1年生)英語の授業

こんにちは。龍です。

今日のブログでは1年生の英語の授業の様子をご紹介します。

1年生はフォニックスの学習を行なっています。
アルファベットの音の繋がりの規則を学ぶことで、
初めて出会う英単語の発音もできるようになります。


海外の子どもたちが学ぶ方法で、
1・2年生の英語学習を行なっています。


とっても発音が上手な1年生。
積極的に授業に参加していました。


先生の指示も英語です。
「Listen and circle the ones that rhyme.」と先生が伝えると、
子どもたちは、教科書の問題に取り組んでいました。


英語の指示をしっかりと聞いて、
スムーズに授業が進んでいました。

入学してまだ約半年ですが、
すっかり英語の授業に慣れたようです。


2017年10月17日火曜日

入学願書受付が始まりました

こんにちは。龍です。

今日より小学校の入学願書受付をスタートしました!

受付開始日の今日は、朝から長蛇の列。

雨が降っていたこともあり、
玄関を早めに開けて、特設準備の待合室でお待ちいただきました。
朝早くから本当にたくさんの方にご来校頂きました。

本校の教育に対する強い期待、熱い想いを感じました。

出願期間は、本日から10月24日(火)までとなっております。
受付時間は、平日は9:00~16:00、土曜日は正午までです。

願書等は期間内に、書留速達便で送付いただくか、
小学校事務室まで持参して提出してください。

たくさんの方のご志願を、お待ちしています。

2017年10月16日月曜日

ICT機器が大活躍

こんにちは。龍です。

敬愛小学校では、ICT機器を積極的に授業に活用しています。

3年生の算数の授業では、
棒グラフの読みとりの学習が行われていました。

児童が解く問題を先生がスクリーンで提示して、
読み取るポイントを色分けして紹介していました。

Apple TVを使用しているので、
無線でモニターに画像を飛ばし、ポイントを書き込むことができます。


視覚的に捉えることができるので、
子どもたちが学習内容を理解する大きなサポートになっています。




資料の提示のみならず、
授業中に子どものノートを写真でとってモニターで紹介したりと
ICT機器が大活躍しています。



2年生は、ロイロノートで英語のスピーキングの宿題が出されていました。
長い英文を読んで、それを各自iPadにレコーディングして先生に送信します。

児童が送信すると、
先生のタブレットの提出画面は
こんな感じになります。


英語力向上のためには
アウトプットが必要不可欠です。

これからも
ICT機器を色々な場面で活用し、
子どもたちの成長に繋げていきたいと考えています。





2017年10月15日日曜日

(3年生)英語の授業

おはようございます。龍です。

日曜日。休日をいかがお過ごしですか?

今日のブログは3年生の英語の授業の様子をお届けします。

このブログをいつもご覧いただいている方は、ご存知のことと思いますが、
敬愛小学校には3人のネイティブの先生と2名の日本人英語教師の先生にて
オールイングリッシュの英語授業を週3時間行なっています。


クラス担任の先生も指導に加わるので、
1時間の授業には1クラス3名の先生が関わって
英語の授業が行われます。


この日の授業は、There is.......  There are....。
そして複数形、冠詞の学習でした。

教科書はイギリスから取り寄せ、
授業は必ずモニターや電子黒板を使用して、
視覚からも捉えることができるようにしています。


先生の発音に続いて、3年生のみんなが英文を読んでいましたが、
とても綺麗な発音で、上手に読むことができていました。

Now the apartment is clean.
No, it isn't,Grandma.
Look in the kitchen.

という場面が写真に写っていますが、
読むときに注意するポイントに緑線をひくなど、
モニターを使用することで、
子どもたちも意識して発表することができていました。


発音だけではなく、「書く」学習もしっかり取り組んでいました。


3人の先生が机間指導を行い、
子どもたち一人一人のノートを見ながら、
アドバイスをしていきます。


テクノロジーの進化により、ますますグローバル化が進んでいくことでしょう。
敬愛小学校は、「当たり前に英語がある環境」をさらに整えていきたいと考えています。
児童のみなさん、一緒に英語学習頑張りましょうね!

2017年10月14日土曜日

地震を想定した避難訓練

こんばんは。龍です。

本日、地震を想定した避難訓練を行いました。
放送連絡が入ると、
みんな机の下に隠れて、揺れが収まるのを待ちます。


先生の指示に従って、テキパキと行動していました。

その後、放送の指示でグラウンドの所定の場所へ避難。
3分を切る時間で、全校児童が集合することができました。


地震災害は、いつ発生するか分かりません。
事前の危機管理が整っていなければ、
発生時に混乱をきたします。
そのためには児童に対しての事前指導が不可欠です。

全員が高い意識をもって、
この訓練にのぞむことができたのではないかと思います。


2017年10月13日金曜日

鉛筆大作戦に・・・

こんにちは。龍です。

先日ブログでご紹介した「鉛筆大作戦」。
ミャンマーの学校に送るための鉛筆がたくさん集まっています。
当面の締め切りを明日14日にしておりますので、
ご協力のほどよろしくお願いします。

そのご提供いただいた鉛筆のなかに、こんなお手紙が。。。


ミャンマーの子どもたちは、日本語は読めないかもしれませんが、
きっと想いは伝わるはずです。

敬愛小学校の児童の皆さん、協力ありがとうございます!


報恩の集い

こんにちは。龍です。

今日は、親鸞聖人の月命日の法要である「報恩の集い」を行いました。
低・中・高学年の3つのグループに分かれ、
礼拝堂にてお勤めのあと、谷川先生からご法話をいただきました。

今日のブログでは、5・6年生の報恩の集いの様子をお届けします。


「昔話『うさぎとかめ」では、どのようなことを私たちに教えてくれているのか?」
という問いかけに、
「最後まであきらめないことの大切さ」など
子どもたちはそれぞれ回答していました。


実は
「『なぜカメはウサギをおこさなかったのだろう?』と
いう見方があるそうだよ」と先生がお話されると、
考えもしなかった発想に「あ〜!」という反応が見られました。

その後、「カメの気持ちを考えてみると?」
「もしこれが、居眠りではなく穴に落ちて怪我してしまったうさぎだったらどうしたのか?」「そして、それを私に置き換えてみると。」との先生の問いに、
子どもたちは考えを深めていました。

私たち人間は、ついつい自分自身のことを考えてしましがち。
残念ながら、そんな心を持っているのかもしれない。
ウサギが怪我をしていたときに、欲がでて、勝負のことを中心に考えてしまったら、
自信をもって、「助けてあげれる!」とはいいきれない自分がいるのかもしれない。

「じつは、このお話には続きがあるそうです。」との先生の話に、
子どもたちは聞き入っていました。

このお話を通して、相手の良さを認めあうことの大切さを、改めて考えることができたのではないかと思います。

月に1度のこの「報恩の集い」は、
子どもたちの成長の上で、とても大切な時間となっています。



2017年10月12日木曜日

(5年生)プログラミング学習

こんにちは。龍です。

ロボットを使ったプログラミング学習にも慣れてきた5年生。
色々なセンサーを使って、ロボットを制御し、
様々なミッションに挑んでいます。


これまで、自動ドアやお掃除ロボットルンバ、
自動衝突防止の自家用車、夜間に点灯する街灯の仕組みなど、
身の回りにあるセンサーのはたらきを学習しました。


先日は、
カラーセンサーを使ってライントレースして走る車を作りました。
先日の自動車工場を見学した際、
「(それと)同じ仕組みで走る作業車がありました!」と
目を輝かせながら報告してくれた児童もいました。


今日はタッチセンサーをつかって、
迷路をクリアーする学習です。


「何度挑戦してもいいよ!失敗から発見することがたくさんあるから!」と声をかけ、
子どもたちはトライアンドエラーを繰り返しながら、
何度も挑戦していました。


迷路を無事、ゴールまで到達できたときは、皆大喜びでした!


次回は、障害物がある迷路をクリアーするミッションに挑みます。
児童の皆さん、チームで協力しあって頑張りましょうね!

2017年10月11日水曜日

11/9 敬愛が能舞台に!

こんにちは。龍です。

11月9日(木)、
能楽師・多久島法子さんによる能楽鑑賞会を敬愛小学校で開催します。

テクノロジーの進化により、これから益々グローバル化が進んでいきます。
日本にいながら、海外の人と、オンライン・オフラインで仕事をする機会は、
色々な職種で、間違いなく増えていくことが予想されます。



国際化が益々進展する中、子どもたちが国際社会に貢献し、世界の人々から信頼される日本人となるためには、異文化に対する理解を深め、異なる文化をもつ人々と協調していく態度が必要となります。



異文化を理解し大切にしようとする心は、
自国の文化理解が基盤となって、育まれるものです。
子どもたちには日本の伝統・文化の素晴らしさに触れ、
世界の色々な方にその良さを発信してほしいと考えています。

今回能楽をしていただく多久島さんは色々な小学校でもワークショップをされて、
能楽の素晴らしさを広い世代に知っていただくために活躍されています。
女性能楽師の数は少なく、さらにプロとして活躍する人は圧倒的に少ないそうです。

本日、保護者の方へのご案内の文書を配布しています。
保護者の皆様のご来校を心よりお待ちしています。

2017年10月10日火曜日

龍先生からの挑戦状

こんにちは。龍です。

今日の「龍先生からの挑戦状」はGoogleの入社試験問題です。

新聞にご紹介いただいてから、挑戦者が増えて来ました!
保護者の方からも
「(解答する)用紙がなくて残念です。。。。」との声もいただきました。

皆さんにチャレンジしていただいて、とても嬉しいです!

今日の問題はこちらです!


実は解答用紙は、印刷ミスした裏紙を利用しているんです。

私が小学校のときに、そのようなプリントで学習しているとき、
習ったこともない裏側の内容を読んでみるのを楽しみにしていました。
「(低学年の内容だったら)懐かしいな〜」
「(高学年のものだったら)こんな勉強しているんだ〜」と
眺めてもらえたら、またひとつの楽しみかなとも考えています。

さぁ、皆さんの挑戦をお待ちしています!



海外へ送る鉛筆が集まっています

こんにちは。龍です。

先日のブログでご紹介した「鉛筆大作戦!」
開始1週間で、たくさんの鉛筆を届けていただきました。

今日の昼休みも鉛筆を届けに来てくれたので、
写真をパチリ!

ミャンマーの旧首都ヤンゴンから車で6時間。
水道も電気も通っていない街に寺子屋学校が完成し、
今月末、日本から文房具を届けにいかれるそうです。

先日、その代表の方ともお話ししてきました。
敬愛小学校の子どもたちが、
たくさん協力をしてくれていることをお伝えすると
とてもお喜びでした。

お寺の方が指導をされている学校へ、
日本で学ぶ仏教の小学校からの贈り物。

このプロジェクトを通して、
私達自身の生活を見つめ直すご縁もいただいています。

当面の締め切りは今月14日にしています。
使用済み・未使用を問いません。
ご自宅で使用していない
鉛筆や消しゴム、小さな鉛筆削りをご提供いただければ幸いです。

ご協力のほどよろしくお願いします。







2017年10月9日月曜日

英語検定にたくさんの児童が挑戦しました!

おはようございます。龍です。

土曜日の放課後に希望者対象の英語検定試験を行いました。
全校児童の約3分の1の児童が挑戦し、
ここ数年で最多の受験者数でした。

高校レベルの2級や準2級。
そして、中学レベルの3〜5級にも
たくさんの児童がチャレンジ。


中には1年生で4・5級に、
また、2年生で準2級や3級にも挑戦していました。


2020年の新センター試験では
外部検定の活用が検討されています。

小学生のうちから積極的に外部検定にも挑戦して欲しいと考えています。


児童の皆さん、お疲れさまでした。
これからも先生達と一緒に英語学習、頑張りましょうね!

2017年10月8日日曜日

(6年生)コース適性試験説明会

こんばんは。龍です。

昨日キャリア教育講座を終えた6年生は、
引き続き、4時間目に敬愛中学校の先生方より、
中学進学に向けたコース適性試験の説明会がありました。

これからの社会で必要とされる力はどのようなことなのか?

その力を育成するために、小学校で培ってきた力を
どのように中学校・高校でさらに高めていくのか?

そのためにどのようなテストを行なっていくのか?

中学の教頭先生と広報部長の先生が、
具体的に一つ一つ説明をしてくれました。

いよいよ半年後には、中学校へ進学します。
小学校で学習したことをしっかりと確認をして、
敬愛中学校・高校での更なる飛躍に繋げて欲しいと思います。

6年生の皆さん、
先生たちと一緒に頑張りましょうね!


2017年10月7日土曜日

(6年生)キャリア教育講座

こんにちは。龍です。

今日は6年生の総合的な学習の一環で、
キャリア教育講座を行いました。

医師・獣医師・弁護士・製鉄会社・サイバーエージェント・アナウンサー・海外の保育園の先生・高校教師の8人の方にご協力いただき、未来について、そして今の生き方について考える有意義な時間を持つことができました。



具体的な仕事の内容から、
働くことを通して得られる喜び、
社会との繋がりなど、色々なことを教えていただきました。


子どもたちは、興味のある3つの仕事を周り、
お話を聞かせていただきました。
どの児童も真剣に話を聞いていました。




サイバーエージェントの人事担当の方や
海外で働く保育士さんは、スカイプでの参加です。



時差や距離を超えて、リアルタイムで繋がり、
子どもたちに色々な示唆をいただきました。

これからもスカイプを使って色々な取り組みを行なっていきたいと考えています。
 

子どもたちに感想を尋ねると、
「とても楽しかった!」「いいお話がたくさん聞けました!」と
充実感溢れる笑顔で答えを返してくれました。



講師をお引き受けいただいた皆様からも、
「大変刺激をいただきました!」
「子どもたちの熱心にメモを取る姿を見て、とても有意義な時間を過ごせました。」
「私の方こそとても楽しい時間を過ごさせていただいてありがとうございました。子どもたちの真剣な気持ちが伝わってきて、普段味わうことのない清清しさを感じることができました。また機会があれば是非。」
「私こそありがとうございます!凄くいい経験になりました。」と
たくさんの感想を寄せていただきました。


ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!