2018年8月16日木曜日

(3年生英語)4技能の育成

こんにちは。3年生担任の山口です。

英語科の授業では、
既習の内容や新しい単元で出できた単語・文法表現を用いて、
「話す・聞く・応用する」という活動を繰り返し行ってきました。

その中でも、自分のことについて絵や文章を用いて表現する課題は、
自分の考えや知識を応用する良い機会となりました。



英語学習においても、Writing・Reading・Listening・Speakingを
バランスよく身に付けるために、
学んだことをまとめや復習を通して自分のものにしていく過程を多く取り入れてきました。

Number(1~10000)の学習では、自分の年齢を言うことから始まり、ものの個数や日付などを用いて、数の表し方を学んでいきました。
  
「This is ~.」「Is this ~?」の学習では、
自分や相手の持ち物を伝えたり尋ねたりと、
場面に応じた表現の違いやそれに対する答え方まで考える必要があります。

最初は、書いた文を読むだけでしたが、
徐々に「This is my pencil.」や「Is this your eraser?」などを使うことができるようになりました。

2018年8月15日水曜日

(4年生国語)自分の考えを書く

こんにちは。4年生担任の權田です。

国語では、「自分の考えを書く」ことに重点を置いて学習しました。

5年生から始まる中学進学に向けたコース適性試験対策に向けて、
ミニ作文に取り組んでいます。
この作文では、決められたお題について、200字以内で文章にまとめます。

子どもたちは、書くことに対する苦手意識を少しずつなくせるように、
友達の作文を互いに読み合いながら書き方を学んでいます。

また、話し合いの仕方や新聞・意見文の書き方なども学びました。
グループで話し合い、
互いに教え合うことでそれぞれの力を高め合う学習ができました。

<ミニ作文>
=========================
私の好きな科目は、英語です。なぜなら、他の国の言語の勉強は、知らないことがたくさん学べるからです。また、英語には日本語にはない発音があったり、筆記体などの勉強をしたりするので、とても英語の授業は楽しいです。敬愛小学校には、そんな英語の授業が週三回もあり、さらにネイティブの先生が教えてくれるので、私は英語の授業が楽しみです。

=========================
私はハワイ交流会で、ハワイミッションスクールの皆さんと会話ができてうれしかったです。しっかり会話ができるか少し心配でしたが、きちんとできたので良かったです。それに、いつもは話すことができない人と話せたので、よい経験になりました。これからは、もっとコミュニケーション能力を高めて、色々な人と話したいです。

=========================
私の得意なことは、なわとびです。なわとびは、すぐにはできませんが、二重跳びなどの難しい技ができるようになると達成感があります。また、なわとびをしているといい音がしたり、風を受けて気持ちよく感じたりするので、心が楽になります。なわとびを長時間跳び続けるには、きつくても諦めない心が必要です。なわとびの楽しさをみんなに伝えたいです。

=========================
僕は期末テストを終えて、自分の最高の実力を出し切ったと思います。なぜなら、国語や社会などで、自身の自己ベストを更新し、うっかりミスも少なくなったからです。そして今後の目標は、どれかの教科で百点をとることです。そのために、自分ができることを一生懸命にやろうと思います。


<意見文の発表>
ロイロノートでモニターに画像を提示しながら説明することができました。

=========================
僕は、ハイキングに行くなら秋がよいと思います。今から、その理由を三つ説明します。
一つ目は、葉が紅葉しているからです。紅葉は、春や夏には見られません。なので、秋は葉が紅葉する季節だからこそ、ハイキングに行って葉の紅葉を楽しみたいと思いました。
二つ目は、動物にたくさん出会えるからです。秋は、冬眠前にえさを集めようと、たくさんの動物たちが外に出てきます。皆さんは見たことがありますか。僕は、えさ集めをしているリスやウサギ、イタチなどの小動物をあまり見たことがありません。だから、そのような動物を見たいと思いました。
三つ目は、暑かったり寒かったりする気温の変化です。春や夏は、時によってとても暑くなったり、ちょうど良い気温になったりします。冬は寒く、動物や虫は見られません。だから、基本的に涼しく、寒くなったら上着を着ればよい秋にハイキングに行くのがよいと思いました。
このような理由から、僕はハイキングに行くなら、秋がよいと思います。




2018年8月14日火曜日

(6年生国語)漢字の学習

こんにちは。6年生担任の宗像です。

国語の授業で、“漢字の形と音・意味”の単元で、
漢字を組み立てている部分に着目して、
音や意味を表すものがあることを学習しました。

はじめに、へんやつくりが同じで音読みも同じ漢字を辞書から探し、
それぞれの意味を調べ、
それらを使った例文を考えて問題を作りました。




みんなが解ける問題から、
大人でも「ん?」と思うような難しい問題まであり、
解く方は辞書を使いながら楽しく友だちが作った問題を解いていました。

2018年8月13日月曜日

(1年生)音楽の授業

こんにちは。龍です。

1年生は音楽の授業が大好き。
この日も全校で練習している歌を
難しい楽譜を見ながら歌っていました。

先生が一つ一つのフレーズの感情を確かめながら練習を進められていました。
「このときはどんな気持ちで歌ったらいいかな?」
「泣きたい気持ちでうたったらこんな風になるよ」
「お天気で"晴れ"の気持ちでうたったらこんな風になるよ」と
子どもたちはその歌声を聞いて、
「曇りぐらいの気持ちで歌ったらいい!」と
先生と一緒に楽しく練習に励んでいました。



「難しい楽譜を読めるようになって、1年生すごいですね!」と
音楽専科の先生がおっしゃっていました。





2018年8月12日日曜日

(6年生英語)世界の料理を紹介しよう

こんにちは。6年生担任の西岡です。

英語科の学習では、各国の料理について紹介をしました。



単純に英語で文章を読むのではなく、
ロシア、ドイツ、ベトナムなど8つの国に分かれ、
食生活も合わせて学習し、ペアで発表をしました。


発表を迎えるまでに、どの国について紹介するのか、
その国ではどんなものが食べられているのか、
一生懸命調べていました。


異国の文化を理解しつつ、
英語で紹介するといった一連の学習は、
まさに国際人としての第一歩だと思います。



美しい英語の発音で、伝える力を磨いた、学習の時間となりました。

2018年8月11日土曜日

(3年生)英語科の学習

こんにちは。3年生担任の西岡です。

英語科の授業で、Where's~?の学習を行いました。

朝学習でも、プリントの中に自分で絵を書き入れて、
「どこに○○がありますか?/それは、△△の下・上・中にあります。」という文を作ることができました。これまでに習った単語を使い、すぐに文を作ることができるのはさすがだなと思い、感心しました。

3年1組の子どもたちは、英語の問題を解くときに、問題文の単語の上に意味を書くなど、何が書かれているのかを掴みながら読むことができます。

一つ一つの単語を確認しながら解くことによって、
確実に問われていることを意識しています。
また、宿題の仕方がわからなかったときには、
授業後に英語科の先生のところへ行き、積極的に質問をする姿も見られます。

英語科の先生から、「子どもたちのノートが素晴らしいから、是非、見てください!」というお話があり、全員のノートを見せてもらいました。
驚くことに、全員が同じことを書いているノートではなく、
各自が自分に必要なことをたくさん書き込んで、
まとめているノートが出来上がっていました。
一度習ったことのある文法でも、再度出てきたときに、
復習できるようにまとめている児童。
初めて聞いた単語があれば確認をし、ノートに書き記す児童。
宿題などの忘れ物をしないように、すぐにメモをとる児童。
英語の授業中に思ったことや考えたことがたくさん書かれているノートで、素晴らしかったです。

このような積極的に学ぼうとする気持ちが、英語力の向上につながったのだと思います。

2018年8月10日金曜日

(5年生)1学期の国語指導

こんにちは。国語科の吉田です。

週に一時間、中学・高校から先生が来られる「演習の授業」が始まりました。
この一時間は教科書以外の文章を読み、基本的な問題から発展的な問題まで取り組んでいます。

一学期は、「文の成り立ち」(主語・述語)(飾り言葉)(文の組み立て)(文の要点)を中心に行いました。
学習した後は、主語や述語を意識して文章を書いたり、
読んだりできるようになっています。

また、国語科では、
普段から客観的・論理的に(根拠をもつ)文章が読めるように練習をしています。

一人で文章に向かい合うときに、
どのような視点で読むか、
どのようにまとめるかが身につき、
ノート作りも上手になりました。




「生き物は円柱形」の授業では、
段落を分ける際に一人一人が根拠を持ち、
グループや全体に自分の考えを発表することができました。

友達の考えを聞いて、「なるほど」と納得したり、
「でも自分は・・・」と比べて考えたりできていました。
ノートのメモ欄には、自分が進んで調べたことや分かったことを自分の言葉でまとめられる児童が増えています。